スポーツのケガ

スポーツ外傷とスポーツ障害の違い

スポーツによるケガは「スポーツ外傷」または「スポーツ障害」などと呼ばれています。似たような名前ですが、その違いとは一体何なのでしょうか?

まず、スポーツ外傷とは、プレイ中に外からの力がかかることによって、組織が損傷した場合を指します。例えば、転倒や衝突などによって起こる捻挫、打撲、骨折、肉離れ、靭帯損傷です。

一方のスポーツ障害とは、スポーツをすることによって過度の負担が積み重なり、痛みなどの慢性的に症状が続く場合を指します。毎回のようにプレイ中やプレイ後に身体のどこかが痛むというケースはこれに当てはまります。重症化するとプレイ中だけでなく、日常生活に支障をきたすこともあります。

そのため、スポーツ障害は初期段階で正しい処置をすることが大切です。痛みを我慢して続けてしまうと、本来持っている実力を発揮できないばかりか、手術や入院が必要な状態まで悪化したり、場合によっては選手生命まで脅かすこともあります。スポーツ中に痛みを感じたら、ぜひお早めに当院までご相談ください。

ご相談の多い症状とその原因

野球肘、テニス肘

テニス過度な練習や、一定のスポーツ動作を継続的に繰り返したこと(オーバーユース)が原因となるケースがほとんどです。投球障害肩、シンスプリント、ジャンパーズニーなども同様の原因です。

疲労骨折

繰り返す運動で骨に徐々に負担がかかって起こります。脛(すね)や足の骨に多いです。

どんなに予防策を徹底していても、熱心にスポーツを行っているかぎりは外傷や障害を引き起こしがちです。準備体操やストレッチ、ケガを防ぐ安全な環境づくりなどはもちろん大切ですが、問題は外傷や障害が生じてしまった際に適切な処置が取れるかどうかです。痛みが起こったらそれにきちんと向き合うことを忘れず、スポーツを楽しみましょう。

サッカーのケガ

サッカー

腰痛
症状

腰の痛み、コリ、しびれ、だるさや動きにくさなどを感じます。

原因

サッカーにまつわる様々な動きにより、腰や骨盤の関節の動きが悪くなったり、腰椎や椎間板、骨盤の骨に過度の負担がかかるために起こります。

治療方法と注意点

電気治療、マッサージ、矯正治療などを行います。
日常生活では、中腰やスクワット、階段の昇降など腰に負担がかかる動作の他、うつぶせ寝、あぐら、脚を組む姿勢はなるべく避けるようにしてください。また、適度な運動(1日30~40分程度のウォーキングなど)をすることで症状の改善につながります。

シンスプリント
症状

脛の内側の下部に鈍痛を感じるようになります。悪化すると痛みの強さと持続時間が長くなり、さらに症状が進行すると、疲労骨折を引き起こすこともあります。また、筋肉が脛の骨を引っ張って痛むケースもあり、この場合は脛の上部が痛むのが特徴です。

原因

脛の骨を包む膜が炎症を起こすことで発症します。

治療方法と注意点

まずは痛みの原因である炎症を鎮めることが最優先です。症状に合わせてアイシング、電気治療、矯正治療、マッサージ、患部の固定などを施します。
自宅でのセルフケアとして、患部を保冷剤などで冷やすことを10分、その後休憩20分を1日3セット程度行ってください。また、つま先立ちになるような動作はなるべく避けて、アキレス腱を伸ばすストレッチを行いましょう。運動の際はコンクリートなどの硬い路面を走ることは避け、クッション性の高い靴を履くことで予防につながります。

ジャンパーズニー
症状

膝蓋骨(しつがいこつ)の下にある膝蓋じん帯に痛みが発生するため、膝蓋じん帯炎(しつがいじんたいえん)ともいいます。場合によっては膝蓋骨の上が痛むこともあります。

原因

太ももの筋肉と膝蓋じん帯はつながっているので、屈伸、踏み込み、ジャンプなどをして太ももの筋肉を使うと膝蓋じん帯に負担がかかります。それが過度に行われることで痛みが出ます。サッカー、バスケットボール、バレーボールなど、ジャンプをすることが多いスポーツをしている人がかかりやすいため、ジャンパーズニーという名前が付いています。

治療方法と注意点

症状の緩和と損傷しているじん帯を修復させるために、電気治療、マッサージ、固定などの施術を行います。

梨状筋症候群
症状

腰や脚にしびれや痛みを感じます。

原因

おしりの筋肉(梨状筋/りじょうきん)の間を通過して、足先まで伸びている坐骨神経(ざこつしんけい)があります。その神経が梨状筋に圧迫されることで発症します。

治療方法と注意点

しびれの原因となる、神経を圧迫している筋肉をほぐす施術を行いますが、症状が落ち着くまで時間がかかる場合があります。そのため最初の2週間はできるだけ日を開けずに毎日通院することをオススメします。
日常生活では患部に負担をかけないように、ガニ股歩き、中腰、スクワット、階段の昇降を控えてください。また、うつぶせ寝、あぐら、脚を組む姿勢もなるべく避けましょう。

肉離れ
症状

膝の曲げ伸ばしや歩行に伴って痛みを感じます。症状が重くなると、自力での歩行が困難になるほどの強い痛みを感じるようになります。

原因

脚の筋肉が自らが出した筋力に耐え切れず、断裂を起こしてしまった場合に発症します。

治療方法と注意点

発症後は早急に治療することが大切です。痛みが引くまでは、RICE(Rest/安静、Ice/冷却、Compression/圧迫、Elevation/拳上)に沿った処置を施します。その後、温熱療法や電気治療などを行っていきます。
症状が出ている間は運動などの激しい動作は厳禁で、安静にすることが第一です。肉離れはスポーツ障害の中でも長引きやすく、さらには完治しても再発しやすい傾向にあります。そのため、発症中に無理をすると慢性化する可能性が大きくなります。焦らずにじっくりと治療していきましょう。

 

半月板損傷
症状

歩行、方向転換、ジャンプ、しゃがみ込みや踏み込みなどの膝を使う動作に支障が出てきます。

原因

半月板は太ももと脛の骨の間に存在し、骨同士がぶつからないためのクッションの役割をしています。そのクッションに傷がつくことで痛みが発生します。

治療方法と注意点

半月板を修復させるために電気治療、マッサージ、固定などの施術を行います。最初の2週間はできるだけ日を開けずに毎日通院することをオススメします。
飲酒と入浴は痛みを助長させますので、治るまでは禁酒し、入浴はシャワー程度にしましょう。運動はもちろん、屈伸、踏み込み、階段の昇降などの動作はなるべく控えて下さい。

じん帯損傷・断裂
症状

関節で骨と骨を結び付ける役割を果たしているじん帯に違和感が生じたり、損傷が強ければ運動能力の低下などが起こります。微細な断裂であれば発症しても強い痛みを感じず、損傷に気づくまで時間がかかることもあります。

原因

関節に骨と骨が引き離された外力がかかった時に、骨をつないでいるじん帯も強く引っ張られて伸びてしまうことで起こります。その際にじん帯が切れてしまうこともあります。主に肘と膝にある側副じん帯や、十字じん帯で起こりやすい症状です。

治療方法と注意点

じん帯損傷の治療は程度が軽ければ、固定や理学療法で治癒しますが、完全に断裂している場合は、外科手術が必要となります。一般的には腱を代用のきく部位から切除して、患部へ自家移植するという方法です。術後は、患部周辺の筋肉を回復させるためにリハビリ治療を行います。

 

アキレス腱損傷・断裂
症状

アキレス腱が断裂した瞬間や患部を触った時などに強く痛みを感じます。また、足先を足首側(上方)に曲げることはできますが、爪先側(下方)に曲げることができなくなります。

原因

アキレス腱はふくらはぎ~かかと部分にある腱で、足首より先の部分を動かす役割を果たしています。このアキレス腱に急激な伸縮によって強い力がかかると、損傷や断裂を引き起こすことがあります。
アキレス腱自体が微細な損傷を起こしているパターン、アキレス腱を包んでいるパラテノンという組織が炎症を起こしているパターン、アキレス腱付着部が炎症を起こしているパターンがあります。

治療

アキレス腱断裂後は治っても、足くびが動きにくくなることが多くリハビリが必要です。多くの場合、約半年で完治します。その間、飲酒と入浴は痛みを助長させますので、治るまでは禁酒し、入浴はシャワー程度にしましょう。運動はもちろん、屈伸、踏み込み、ジャンプなどの動作はなるべく控えて下さい。痛みが落ち着いたら、アキレス腱を伸ばすストレッチを始めましょう。

ねんざ
症状

ねんざすることでじん帯が炎症を起こし、痛みや関節の機能低下が起こります。

原因

手首や足首は、ある程度は自分の体重を支えることができますが、関節が開いている状態で体重がかかってしまうと、手首や足首の可動域を超えてねじれてしまうことがあります。それがきっかけでじん帯が損傷し、ねんざにつながります。

治療

RICE(Rest/安静、Ice/冷却、Compression/圧迫、Elevation/拳上)に沿って、患部を冷やしたり、テーピングなどで固定して、関節への負担を減らします。
ねんざは自己流のフォームや姿勢によって関節に負担がかかることで発症しやすいため、関節に負担のかからない正しいフォームを身につけることが予防策となります。

野球のケガ

野球

野球肩
症状

野球肩とは、投球動作から引き起こされる、様々な肩関節障害の総称です。肩関節周囲の筋肉、腱、じん帯などを損傷したことで痛みが発生します。

原因

肩の使い過ぎはもちろん、ストレッチなどの準備運動を怠ること、負担がかかりやすいフォームを繰り返すことなども発症につながります。

治療方法と注意点

まずは安静にすることが大切です。重症の場合は、抗炎症剤などで炎症を抑えつつ、徐々に可動域を広げていく治療を試みます。
日常生活では首、肩、腕に負担をかけないようにします。過度な練習や投球など、痛みを感じる動作はしばらく控えて下さい。

野球肘
症状

肘の内側、外側、後方の痛みや腫れ、投球時の痛みやしびれ、動きの制限などが起こります。

原因

投球動作や運動による負担が肘に伝わり、部分的な微細損傷や炎症が発生することで痛みにつながります。悪化すると、軟骨炎やはく離骨折、疲労骨折などを引き起こすこともあります。

治療方法と注意点

傷んでいる組織を修復させるために、電気治療、マッサージ、固定などを行います。
自宅でのセルフケアとしては、炎症を取り除くために患部を保冷剤で冷やすようにして下さい。重いものを持ち上げたり、患部に力を入れたりといった負担のかかる動作は控えて下さい。症状が落ち着いたら、再発防止策としてフォームの改善を行いましょう。

インピンジメント症候群
症状

インピンジメント症候群とは、肩の引っ掛かり症状全般の総称です。投球や万歳などの肩を上げる動作をする際に、痛みや引っ掛かりを感じます。

原因

投球などの腕の上げ下げやひねりが必要となる動作をする際、腕の骨が肩甲骨やその周りの組織などに衝突し、関節を包む膜や腱の炎症、損傷を引き起こすことで発症します。

治療方法と注意点

傷んでいる組織を修復させるために、電気治療、マッサージ、固定などを行います。
日常生活では、肩や腕に負担をかけないようにし、就寝時は痛みを感じる方の肩や腕を上にして横向きで寝るようにして下さい。過度な練習や投球など、痛みを感じる動作はしばらく控え、できる範囲でストレッチを行いましょう。

腰痛(腰部ねんざ)
症状

腰や骨盤周りの痛みやしびれなどが起こります。

原因

腰や骨盤周りの筋肉、関節などの組織が損傷したことで発症します。

治療方法と注意点

痛みの原因である炎症を鎮めるためにアイシング、電気治療、矯正治療、マッサージ、固定などを行います。
飲酒と入浴は痛みを助長させますので、治るまでは禁酒し、入浴はシャワー程度にしましょう。運動はもちろん、腰に負担がかかる中腰、うつぶせ寝、あぐら、脚を組む姿勢は控えましょう。

 

腱板損傷(けんばんそんしょう)
症状

肩関節が痛み、動きにも支障が出ます。

原因

肩の関節を安定させる、腱板(けんばん)という組織が損傷することで起こります。腱板は、棘上筋、棘下筋、肩甲下筋、小円筋の4つで構成されており、その中でも棘上筋腱と棘下筋腱が痛めやすい傾向にあります。ケガをして損傷するケースと、加齢や使い過ぎで徐々に摩耗して損傷するケースに分けられます。

治療方法と注意点

まずは安静が第一となります。その後、経過観察を経て、電気治療、マッサージ、固定などを行います。回復のためには固定が大切なので、症状が収まったとしても自己判断で外したりすることのないようにしてください。
飲酒と入浴は痛みを助長させますので、治るまでは禁酒し、入浴はシャワー程度にしましょう。なるべく肩や腕に負担をかけないようにし、就寝時には痛みを感じる方の肩や腕を上にして横向きで寝るようにして下さい。

スポーツ

腸脛じん帯炎(ちょうけいじんたいえん)
症状

膝や膝の外側に痛みを感じます。ランニング中やランニング後に痛みを感じたり、膝の曲げ伸ばしが困難になる場合もあります。

原因

骨盤の外側から太ももの外側を通って、脛の外側まで走行している腸脛靭帯(ちょうけいじんたい)が、太ももの骨の出っ張り部分に擦れることで痛みが発生します。

治療方法と注意点

原因となっている患部の炎症や筋肉の緊張をほぐすために、電気治療やマッサージを行います。
日常生活では、屈伸動作や激しい運動は控え、患部を保冷剤などでアイシングしてください。ランニングはしばらく控えましょう。

背部挫傷(背中の肉離れ)
症状

背中に痛みやしびれ、違和感が起こります。

原因

肩関節や肩甲骨を運動で使い過ぎたことで、背中の筋など周辺の組織を損傷してしまい、痛みが出てきます。

治療方法と注意点

損傷している組織を修復させるために電気治療、マッサージ、固定などを行います。
飲酒と入浴は痛みを助長させますので、治るまでは禁酒し、入浴はシャワー程度にしましょう。また、デスクワークなどによる長時間のうつ向き姿勢、猫背姿勢にならないように意識しながら過ごしてください。

打撲
症状

転倒したり、何かに強くぶつかったことで、損傷部の腫れや赤み、熱感、炎症が起こります。

原因

衝撃によって毛細血管が皮下出血を起こすことで発生します。打撲は身体の様々な部位に起こる可能性がありますが、頭や腹部を打撲してしまった場合、脳内出血や内蔵破裂の危険があり、最悪の場合は命に関わることもあるので、早急に病院で診察を受けてください。

治療方法と注意点

基本的にはRICE(Rest/安静、Ice/冷却、Compression/圧迫、Elevation/拳上)に沿った処置を行います。まずは患部へのアイシングを15分程度行い、痛みがぶり返した場合はアイシングを繰り返します。発症から4日前後経った後、今度は患部を温めて血行を促進し、症状の緩和と治癒を促します。

 

指関節ねんざ
症状

手指の痛みや腫れ、違和感が起こります。

原因

転倒して手をついたなどの外傷によって生じるケースと、慢性的な使いすぎによって生じるケース、加齢や老化によって生じるケースがあります。

治療方法と注意点

傷んでいる組織を修復させるための電気治療、マッサージ、固定、リハビリなどを行います。
日常生活では、物を強く握るなど指先に負担がかかるような動作はなるべく控えるようにしましょう。飲酒と入浴は痛みを助長させますので、治るまでは禁酒し、入浴はシャワー程度にしてください。

突き指
症状

手指の痛みや腫れ、違和感、熱感などが起こります。重症の場合、処置を怠ると、指の機能が完全に回復しないこともあります。

原因

突き指とはねんざの一種です。指は構造上、縦からの力や衝撃にとても弱いため、ちょっとしたダメージでも突き指が起こることがあります。また、突き指の際に、指が手のひらに強く押し込まれることによって、指の骨全体がずれてしまうこともあります。

治療方法と注意点

「突き指は引っ張れば治る」という説がありますが、これは骨の脱臼や腱の炎症を引き起こすことになるため、絶対にやめましょう。RICE(Rest/安静、Ice/冷却、Compression/圧迫、Elevation/拳上)に沿った処置を行うのが正しい方法です。
また、同時に骨折や腱の断裂が起こっている場合があります。必ず整形外科の診療を受けてください。

バスケットボールのケガ

ぎっくり腰
症状

腰部の強い痛みが生じます。

原因

加齢や激しい運動により、腰部の関節や筋をはじめとする周りの組織を損傷したために痛みが発生します。

治療方法と注意点

傷んでいる組織を修復させるために電気治療、マッサージ、固定などを行います。
日常生活では、中腰、スクワット動作、階段の昇降をなるべく控え、うつぶせ寝、あぐら、脚を組む姿勢は避けてください。
飲酒と入浴は痛みを助長させますので、治るまでは禁酒し、入浴はシャワー程度にしてください。

アキレス腱炎
症状

ふくらはぎやかかと周辺に強く痛みを感じます。また、足先を足首側(上方)に曲げることはできますが、爪先側(下方)に曲げることができなくなります。

原因

アキレス腱はふくらはぎ~かかと部分にある腱で、足首より先の部分を動かす役割を果たしています。このアキレス腱に急激な伸縮によって強い力がかかることが原因です。
アキレス腱自体が微細な損傷を起こしているパターン、アキレス腱を包んでいるパラテノンという組織が炎症を起こしているパターン、アキレス腱付着部が炎症を起こしているパターンがあります。

治療方法と注意点

傷んでいる組織を修復させるために電気治療、マッサージ、固定などを行います。
日常生活では、屈伸、踏み込み、ジャンプなどを控えて下さい。飲酒と入浴は痛みを助長させますので、治るまでは禁酒し、入浴はシャワー程度にしてください。
痛みが落ち着いてきたら、アキレス腱を伸ばすストレッチを行いましょう。

タナ障害
症状

膝の屈伸時にパキパキと音が鳴り、徐々に痛みが出てきます。

原因

太ももの筋肉は、膝蓋骨を介して脛の骨につながっています。その太ももの筋肉に過度な負担がかかり、柔軟性がなくなると、膝蓋骨を太ももの骨に強く押し付けている状態になります。その状態が続くと、膝蓋骨と太ももの間にある「滑膜ひだ(かつまくひだ)」に傷がつき、痛みが発生します。

治療方法と注意点

損傷を受けている滑膜ひだを修復させるために電気治療、マッサージ、固定などを行います。
日常生活では、運動はもちろん、屈伸、踏み込み、ジャンプなどの動作を控えて下さい。痛みが落ち着いてきたら、太もものストレッチを行いましょう。

膝水腫(膝の水)
症状

膝を曲げた時の圧迫感があります。症状が進行すると動きの制限も出始め、重だるさや痛みが増すこともあります。

原因

膝関節の周囲には、滑液包(かつえきほう)という袋があり、その袋の中には膝関節の動きを滑らかにするための関節液が入っています。しかし、関節液が袋に溜まり過ぎると、痛みや腫れなどが起こります。そうして炎症が発生すると、その炎症を抑える目的で、さらに関節液が溜まるという悪循環が起こります。これが俗に言う「膝に水が溜まっている」状態です。

治療方法と注意点

膝周囲の炎症を鎮めるためにアイシング、電気治療、マッサージ、矯正治療、圧迫固定などを行います。
日常生活では、長距離の歩行、階段の昇降、屈伸動作を控えて下さい。自宅でのセルフケアとして、患部を保冷剤などで冷やすことを10分、その後休憩20分を1日3セット程度行ってください。飲酒と入浴は痛みを助長させますので、治るまでは禁酒し、入浴はシャワー程度にしてください。

半月板損傷
症状

膝の曲げ伸ばしの際に痛みやひっかかりを感じます。重症化すると、膝水腫(膝の水)を引き起こしたり、急に膝が動かなくなったり、歩行が困難になるほどの強い痛みを感じることもあります。

原因

膝の左右にそれぞれ2枚ずつ、計4枚ある半月板は、腿骨と脛骨の動きをスムーズにし、運動などで膝にかかる衝撃を和らげる働きをします。膝をひねったまま着地するなどの横からの衝撃を受けると、半月板に負担がかかりやすく、損傷してしまうこともあります。

治療方法と注意点

テーピングや装具で患部を固定し、数ヶ月かけて自然治癒を促す、保存療法を行うのが一般的です。
炎症がひどい場合は外科手術を行います。内視鏡を用いた手術や、患部に軟骨の主成分であるヒアルロン酸を注射する方法があります。

 

オスグッド病
症状

膝と脛に強い痛みを感じます。

原因

走ったり、ジャンプするなど、膝の屈伸を伴う運動を過剰に行った結果、脛骨の膝側にある軟骨が剥離し、痛みが生じます。オスクッド病は成長期に起こるスポーツ障害ですが、これは成長期の脛骨が軟骨で、とても剥離しやすい状態になっているためです。

治療方法と注意点

オスクッド病は、成長に伴って自然治癒することが多いため、患者さまの年齢によっては治療を行わない場合もあります。
ただ、剥離しているのが軟骨ではなく骨であった場合、外科手術で取り除く必要があります。一旦手術を行うと、筋肉は確実に衰えるため、重度のオスクッド病は選手生命にも関わります。膝と脛に強い痛みを感じたら、早めの受診を心掛けてください。

ジャンパーズニー
症状

ジャンプする際に膝に痛みを感じます。

原因

ジャンパーズニーとは、ジャンプを繰り返すことで発生する、膝の炎症の総称です。膝蓋腱炎と大腿四頭筋腱付着部炎の2種類に分けられます。ジャンプを頻繁に行うことで膝に負担がかかり、腱を損傷することで発症します。

治療方法と注意点

ジャンパーズニーは放置すると腱が断裂することもあるため、早期の治療が大切です。まずは患部を冷やすことで痛みや炎症を抑えます。日常生活でも痛みを感じるようであれば、運動や激しい動作を避けて安静にしましょう。重症化して腱が断裂した場合は、外科手術を行います。

突き指
症状

手指の痛みや腫れ、違和感、熱感などが起こります。重症の場合、処置を怠ると、指の機能が完全に回復しないこともあります。

原因

突き指とはねんざの一種です。指は構造上、縦からの力や衝撃にとても弱いため、ちょっとしたダメージでも突き指が起こることがあります。また、突き指の際に、指が手のひらに強く押し込まれることによって、指の骨全体がずれてしまうこともあります。

治療方法と注意点

「突き指は引っ張れば治る」という説がありますが、これは骨の脱臼や腱の炎症を引き起こすことになるため、絶対にやめましょう。RICE(Rest/安静、Ice/冷却、Compression/圧迫、Elevation/拳上)に沿った処置を行うのが正しい方法です。
また、同時に骨折や腱の断裂が起こっている場合があります。必ず整形外科の診療を受けてください。

 

ご利用料金とお時間

  • 1回 6,000円
  • *施術時間は「30分」です。ご来院〜終了まで、初めての方は50~60分、2回目以降は45分位お時間を頂戴いたします。

 

大崎市の古川メディカル整骨院 基本情報

院名 古川メディカル整骨院
住所 〒989-6157
宮城県大崎市古川栄町7−13
電話 0229-47-0242