整形外科と併用できる交通事故治療

 

自賠責保険適用で窓口負担「0円」

被害者に適用される「自賠責保険」を使用した場合、自己負担金はございません。

整形外科とも治療を併用できますし、他の整骨院からの転院も可能です。

お悩みの際は、安心してご連絡くださいませ。

なんとなく続く身体の違和感は危険?

交通事故に遭った後、このように感じたことはありませんか?

  • むち打ちなどの症状が出てきた
  • 吐き気やめまいなどを感じることがある
  • 病院のレントゲン検査では「異常なし」と言われたが、身体の違和感が消えない
  • 気になる症状は特にないが、事故の際にかなり強い衝撃を受けた
  • 身体の違和感があるが、病院の診療時間が合わないため通院できない
  • 保険の手続きや示談金交渉などがよくわからず悩んでいる

カウンセリング思い当たる項目がある方はぜひ当院にご相談ください。

交通事故に遭うと、ほとんど無防備な状態の身体にとても強い衝撃が加わります。その結果として、むち打ちをはじめとする様々な症状が出てくることが多いのです。

そうなった時に大切なのは、できるだけ障害や後遺症、違和感が残らないように、ご自身に合った治療をしっかりとしていくことです。ご自身の症状を改善するためには、病院でできる治療が合っているのか、それとも整骨院での施術が合っているのか。その判断によっては治療の経過や回復スピードが変わり、今後の生活を大きく左右することもあります。

当院では、国家資格を保持した治療の専門家が施術をします。身体を支える役割を果たし、時には痛みなどの症状を引き起こす原因にもなる筋肉に着目し、根本からしっかりと治していく施術を行っています。また、レントゲン検査が必要な場合は、信頼ある整形外科をご紹介できます。患者さまにとって最善の治療法を導き出します。

交通事故治療は、自賠責保険を使うことで自己負担金なしで治療できる場合が多いです。まずは一度当院へご相談ください。

自覚症状がなくとも検査が必要な理由

交通事故交通事故に遭ってしまったが、ケガや痛みもなくひと安心。実は、そこで安心するのはまだ早いのです。
交通事故が原因で発症するむち打ちや身体の違和感などは、事故直後ではなく、事故から2、3日~1週間ほど経った後に症状が出始めるケースが多いことをご存知でしょうか。
この事実はまだまだ認知度が低いため、交通事故直後にケガや痛みがない限りは病院での検査は受けないという方がほとんどです。その結果、後に症状が出始め、原因が交通事故であると判断できないという事態を招くこともあります。

交通事故に遭った時は、直後に身体に異常を感じていなくとも、すぐにご相談下さい。自己判断せずに正しい検査を受け、ご自身に合った治療を始めるようにしましょう。

交通事故によるケガの治療の流れ

Step1まずは当院にお電話を

交通事故に遭われましたら、なるべくお早めにお電話ください。来院の日程を決めましょう。
保険会社さまへの連絡をされていなくても大丈夫です。患者さまの代わりに保険会社さまとのやりとりをすることも可能ですので、ご希望の方はその旨お知らせください。

Step2痛みの原因を特定(問診・検査)

ご来院していただきましたら、事故の状況や身体の症状などをお聞きします。少しでも気になる点がありましたら遠慮なくご相談ください。痛みの原因を特定していきます。

Step3治療開始

患者さまの症状に合わせて、身体の根本から症状を改善させるための最善治療を行っていきます。患者さまの生活スタイルやご希望を考慮した上で、通院間隔を提案させていただきます。適切な通院回数や間隔を守れば、治療の効果もアップします。

Step4治療終了

交通事故治療での注意点などをお伝えし、次回のご予約を確認して終了です。質問や疑問点がありましたら遠慮なくお申し付けください。

後遺症の早期回復のためには

むち打ち症

交通事故によるケガや後遺症を緩和するためにはいくつかポイントがあります。それを守ることによって、最短期間での回復が期待できます。

治療と安静のタイミング

むち打ちには、安静にしなければならないタイミングがあり、その時期によって治療法も異なっていきます。交通事故当日~2週間ほどの間は、患部が腫れていたり、熱感が生じていることも多く、その状態で治療をして負荷を加えると痛みが倍増してしまう可能性もあります。そうした場合には炎症を抑える処置をしながら安静を保つことも必要です。

治りやすい段階での早期治療

治療開始が遅くなることで患部周辺の筋肉が固まってしまい、むち打ちがより治りにくい状態になってしまいます。身体の状態を見ながら、適切な時期に治療を始めることが大切です。早期治療は効果的に痛みを取り除くことができ、1カ月程度の通院で約70%も症状が緩和した例もあります。

適切な通院間隔と頻度

痛みのある時には通院間隔を空けず、コンスタントに治療を受けることが症状緩和の近道です。その後も無理のない範囲での定期的な通院を行えば、痛みをぶり返さない身体に近づいていきます。当院では患者さまのご都合に合わせた通院環境を整えています。

整形外科との併用について

整形外科との併用について交通事故によるケガで整形外科に通院している方は多いでしょう。しかし、中には「通院しても痛みが治らない」「毎回湿布と痛み止め薬を処方してもらうだけで、症状が良くなっていない気がする」「『安静にしておいて』と言われるだけで具体的な治療に至っていない」などと感じ、ご自身で納得していないまま、なんとなく通っているというケースもあるようです。

交通事故でむち打ちなどの症状が出た場合、はじめに整形外科などの病院に行かれると思います。病院ではレントゲンやMRI、CTスキャンといった画像検査で、痛みの原因を探します。しかし、むち打ちは画像検査では映らないため、なかなか発見できないのです。

整形外科では湿布や痛み止めの処方しかできないことが多いむち打ちですが、当院では受傷直後に頚部固定を、安静が必要で痛みが強い場合にカラー固定を行います。また炎症や熱感には、特殊電気治療器を用いた急性疼痛の治療を施します。発症から5日~1週間ほど経過して症状が落ち着いた後は、頚肩甲部の筋緊張緩和などの理学療法を行っていきます。

当院には「病院のレントゲン検査では異常なしと言われたが、痛みがある」との理由で通院されている患者さまが多くいらっしゃいます。交通事故直後に病院での検査を受けることはもちろん大切ですが、整形外科での治療で痛みが改善しないとお悩みの方はぜひ一度当院にご相談ください。

施術内容とお時間

①症状に合わせて「手技療法」と「電気・温熱療法」を組合せて施行します。ボキボキ鳴らしたり、痛みが伴う治療はありませんのでご安心下さい。

※電気が苦手な方には施行しませんのでお申し付け下さいませ

  1. ②施術にかかる時間は「30分」です。初めての方は、ご来院〜終了まで50分位お時間を頂戴致します

損害保険会社の担当者さまへ

保険証|古川メディカル整骨院

当院では、患者さまに安心して施術を受けていただけるように対応し、保険会社さまや病院医師との綿密な連携を目指しています。患者さまからのご相談があった場合、当院までご連絡頂けると幸いで御座います。

1法令の尊守

国家資格取得の柔道整復師として、関係法規に関連する法令及び自賠責保険取り扱いの倫理を尊守します。

2保険会社さまの算定基準での請求

保険会社さまの算定基準にて、施術請求を計算し作成します。自由診療などによる高額の請求は一切いたしません。

病院での経過報告

患者さまに病院での経過報告の必要性をお伝えし、月1回程度の診察を促します。

施術証明書の提出

施術開始時の打ち合わせ段階で、保険会社さまが希望される施術証明書の提出(毎月または一括など)を行います。

患者さま・保険会社さま双方の利益

豊富な交通事故治療経験や様々なアプローチで、患者さまの早期回復を目指した施術を行います。適応範囲や時期などを患者さまにご説明し、患者さまと保険会社さま双方の利益を目指します。

転院希望の患者さまの受け入れ

転院希望の患者さまを積極的に受け入れます。また、以下の患者さまにつきましても、症状やご都合に合わせた治療法と通院日程をご提案いたします。

  • 平日の通院が困難な方
  • 現在他院へ通院中で、治療効果が得られていない方
  • 早期の回復を必要としている方

大崎市の古川メディカル整骨院 基本情報

院名 古川メディカル整骨院
住所 〒989-6157
宮城県大崎市古川栄町7−13
電話 0229-47-0242