腰の痛み

ご相談の多い症状

腰痛

こんなお悩みはありませんか?

  • 長年のデスクワークのせいか常に腰痛がある
  • 座っていると腰が痛くなり立つのが辛い
  • 朝目覚める時、腰痛で起き上がれない
  • 「腰痛は一生治らない」と言われた
  • 整形外科や他の整体で治療を受けているが症状が改善しない

腰痛でお悩みの方は非常に多く、日本に約1000万人いると言われています。かつては年配の方に多くみられる症状でしたが、昨今では若い世代の方にも広がっています。

腰痛には「常に痛い」「動くと痛い」「安静時に痛い」など、様々なケースがありますが、根本的な原因は骨盤や背骨周囲の筋肉にあることが多いです。その筋肉が、血液不良などの影響で硬直し、本来の正しい骨格の位置からズレてきます。これが歪んでいる状態です。筋肉の硬直や緊張を緩めないと、腰や背中の痛みが発生します。

こうした状態を改善していくことで、本来備わっている自然治癒力がしっかりと働くようになり、腰痛のお悩みから解放されます。

腰痛のメカニズム

腰痛

腰椎の周辺には脊柱起立筋、腰方形筋、腸腰筋といった筋肉があり、これらは骨盤や太腿の骨に重なりながらくっついています。こうした筋肉は絶妙なバランスを保って上半身を支えていますが、疲労や生活習慣の癖などでバランスを保てなくなると腰痛が起こります。

そもそも筋肉の疲労は、本来血流によって運び出される老廃物が滞ってしまうことで起こります。老廃物が排除されないと、内臓体壁反射が起こって背骨や骨盤に歪みが生じます。また、同じ姿勢を続けると歪みによって特定の筋肉に大きな負担がかかります。これがやがて腰痛につながります。

腰痛の根本的な原因は、骨盤や背骨に悪影響を与える筋肉です。そのため、腰痛解消にはこれらの筋肉を整えていくことが必要です。これらの筋肉を整えないかぎり、いくらマッサージ、注射、薬などを使用しても、一時的に痛みを和らげるだけで症状が再発します。
筋肉を緩めることで正しい骨格を手に入れれば、痛みの解消のみならず再発予防にもなります。

ギックリ腰

こんなお悩みはありませんか?

  • 人生で初めてぎっくり腰になった
  • 何度も繰り返して、癖になっている気がする
  • 腰痛があり、いつかぎっくり腰になるのではないかと怖い
  • 前かがみの姿勢をとると腰がきしむ
  • 腰痛を整形外科のブロック注射で対処しているが痛みが消えない

ある日突然、強い痛みに襲われるぎっくり腰は、急性腰痛症と呼ばれる病気です。脊柱や骨盤の筋肉、靭帯、筋膜に損傷が起こっている状態です。

ぎっくり腰は発症したらなるべく早めに治療を行い、原因となる動作や習慣を改善しないかぎり、再発を繰り返すパターンも多いのが特徴です。当院では痛みの緩和はもちろん、再発しにくい身体を作る施術を行っています。

ぎっくり腰のメカニズム

施術ぎっくり腰は、重いものを頻繁に運ぶお仕事や、一日中デスクワークをしている方など、腰への負担が日常的に大きい方がかかりやすい傾向にあります。特に、座ったまま長時間過ごすと、上半身の体重が足に分散されず腰にかかり続けるため、血液の循環が悪化して負担が大きくなるのです。仕事中は適度に体を動かし、軽くストレッチすると予防できます。

また、運転をお仕事とされている方は場合、長時間の座った姿勢に加えて、運転中の動きによって生じる負荷もあるので、ぎっくり腰のリスクが非常に高い状態にあります。

ぎっくり腰や慢性的な腰の痛みやしびれといった腰の症状は、骨盤の仙腸関節や全身の関節の歪みが根本的な原因です。こうした関節や軟部組織に起こるトラブルは、レントゲンなどでは発見しにくく、適切な治療を行えないままに症状が悪化し続けるケースもあります。

坐骨神経痛

こんなお悩みはありませんか?

  • 腰痛とともに脚のしびれがある
  • お尻や太ももが軽くしびれる
  • 足先に痛みやしびれがある
  • 間隔が麻痺しているような違和感がある
  • 「手術でしか治せない」と言われたが、手術に踏み切れないでいる
  • 整形外科や他の整体で治療を受けているが症状が改善しない

坐骨神経痛坐骨神経とは、腰椎から出た神経と仙骨から出た神経が合わさったものです。末梢神経の中では一番太く、1メートルを越えるほどの長さがあります。

歩行の際の下肢の動きやバランスは、脳から出た指令をこの坐骨神経が伝えることで成り立っており、下肢の皮膚感覚などにも大きな役割を果たしています。この坐骨神経の、腰椎の隙間から出て骨盤を抜けた臀部までの間に圧迫などが起こると、坐骨神経痛が発生します。

坐骨神経痛のメカニズム

筋肉の疲労などが溜まったことで骨盤や背骨が歪むと、坐骨神経に圧迫などが生じて、痛みが発生します。また、坐骨神経は梨状筋のすぐ下を通っているので、梨上筋が硬くなることで坐骨神経が圧迫されて痛みが生じることがあります。この場合には、梨上筋をほぐすことで痛みが緩和します。

骨盤や背骨を整えれば徐々に自然治癒力が高まっていき、梨上筋が硬くなってしまうことも防げます。

椎間板ヘルニア

こんなお悩みはありませんか?

  • 咳やくしゃみをすると激痛が走る
  • 足にうまく力が入らない時がある
  • 立っているのがツライ
  • 30分以上歩くと腰が痛くなる
  • 下肢にビリビリとした痛みを感じる
  • 前かがみの姿勢をとると痛みが強くなる
  • できるだけ注射や痛み止めの薬には頼りたくない

椎間板ヘルニア背骨は、脊椎が積み重なってできており、脊椎同士の間にはクッションの役目を果たしている椎間板があります。これが飛び出してしまうと、椎間板ヘルニアを発症します。

腰の部分にある脊椎を腰椎と呼びますが、腰椎で発生した椎間板ヘルニアが坐骨神経を圧迫することで坐骨神経痛をも引き起こします。

椎間板ヘルニアのメカニズム

椎間板の組織は加齢や負担によって亀裂が入ることがあります。その結果、内側の髄核という組織が移動したり飛び出すなどして椎間板ヘルニアを発症します。飛び出した椎間板が神経を圧迫すると炎症や血流障害につながり、しびれや痛みの原因になります。

椎間板は首から腰までありますが、ヘルニアの症状が出やすいのは腰です。くしゃみなどのちょっとした動きでも非常に強い痛みを感じ、しびれが出ることもあります。ただし、椎間板ヘルニアになっても神経の圧迫などがなく、血流も阻害されていなければ症状が出ないケースもあります。

腰を楽にする治療方法

腰を楽にする治療方法腰痛などの慢性症状には、手技療法で筋肉の血行を改善し、骨格が歪む原因を作る筋肉をほぐしていきます。また、筋肉を包み込んでいる筋膜にアプローチして筋肉の癒着を改善する方法もあります。

筋膜が硬くなった状態が続くと、筋肉の伸縮性や弾性が減少していきます。すると可動域制限や運動痛が起こるようになり、腰痛やぎっくり腰などが発症しやすい身体になってしまいます。

当院では、一人ひとりの患者さまに合わせたオーダーメイドの治療で症状改善を目指しています。

よくあるご質問

どのくらい通院すれば良いですか?

高い効果が期待できる目安です。お体の状態や、お仕事・生活等の状況により下記の通りではございません。最もご負担のない通院回数を初診時にご提案致します。

症状が軽い場合 「1回のみの治療で終了」

⇒その後症状が続く場合は「1週間に1度の施術を2~3回追加」

症状が強い場合 「3日に1度の施術を計2~3回で終了」

⇒その後症状が続く場合は「1週間に1度の施術を2~3回追加」

症状が慢性化している場合 「1~2週間に1度の施術を計5回で終了」

⇒その後症状が続く場合は「1~2か月に1度の施術を3回位継続する定期メンテナンス」をお勧め致します

*次回予約や通院の継続を強制することは一切ございませんのでご安心くださいませ。

電気や機械の治療が苦手なのですが?

電気・機械の治療はありません。お体の状態をしっかり把握するため、施術はすべて「手技療法」を行っています。

ボキボキする強い整体ではなく、筋肉をしっかり緩めるソフトな手技ですので女性の方もご安心ください

 

ご利用料金とお時間

  • 1回 6,000円
    • *初再診料など別途料金はありません
  • 施術時間は「30分」です。ご来院〜終了まで、初めての方は50~60分、2回目以降は45分位お時間を頂戴いたします。

大崎市の古川メディカル整骨院 基本情報

院名 古川メディカル整骨院
住所 〒989-6157
宮城県大崎市古川栄町7−13
電話 0229-47-0242